フラペチーノ®︎の裏側

不定期にポケモンを

【S11使用構築】fairytail【最高193X最終742位】

f:id:nanahoshipoke:20201027002749j:image

【構築経緯】

今期で自分が潜れる本当に最後のシーズンだと思い、相棒のピクシーと頑張りたかったので活躍させてあげられる方法を考えました。

その結果、前期結果を出されていた方が使用されていた後攻の尻尾ピクシー展開を今の環境で強く使えそうだと感じたので、自分が動かしやすいように構築を少し弄ることにしました

参考記事https://yttkk.hateblo.jp/entry/2020/10/01/123345

(転載許可済み)

 

1,構築の軸の「尻尾ピクシー」とエース枠の「珠水ウーラオス」は環境への通りがよさそうだと感じたので続投

2,襷枠を模索した時に、ストッパー兼エースになれる「ウルガモス」を採用

3,積んだガモスのダイマ圧に注目して、現環境で切り返しダイマを強く使える「雪かきパッチルドン」を採用

4,ピクシーで展開が難しい相手に強く出られ、スイーパーにもなれる「スカーフポリゴンz」を採用

5,ペンドラーバトンに対する回答と切り返しや詰め性能、選出画面における圧力を評価して「輝石サニーゴ」を採用

 

【個体解説】

1,ピクシー@後攻の尻尾

特性:マジックガード

実数値:202(252)-x-132(212)-115-116(44)-80

技構成:ムンフォ/アンコール/ステロ/トリック

《調整意図》

 HD…C182ゲンガーのヘドヴェ確定耐え

余りB…A152張り切りパッチの先制電撃嘴確定耐え(目安)

本構築の軸となるポケモン。基本初手に投げて盤面を作ります。

月の光による場持ちの良さよりも起点回避を優先したかったのでアンコールを採用しました。

 

2,ウルガモス@気合の襷

特性:虫の知らせ

実数値:161(4)-x-85-187(252)-125-167(252)

技構成:炎の舞/虫のさざめき/ギガドレ/蝶の舞

ピクシーで起点を作った後に炎の舞でcを上げるながら突破する動きがギャラドスのようで私好みのポケモンでした。

全抜きができる体制ならばダイマックスを切りますが、この時に相手に対して強いダイマ圧力がかかるので敢えてガモスにダイマを切らずに後述のパッチルドンで後発ダイマを切る動きがとても強力でした。もちろんラス1のお掃除役としても強いです。

また、構築で重めのアントに対しての解答になっている点も◎

本構築のMVP

 

3,パッチルドン@弱点保険

特性:雪かき

実数値:191(204)-140(60)-111(4)-x-101(4)-105(236)

技構成:電撃嘴/氷柱落とし/ギガインパクト/電磁波

《調整意図》

HB…ダイマ時にA200ラオスのインファ+不意打ち確定耐え

S…雪下で最速+1パッチラゴン抜き

余りA

冠の雪原で夢特性の雪かきが解禁されたポケモン。主にダイマ前提で選出をしていました。電気氷の技範囲が非常に優秀でピクシーで展開すればこのポケモンで3タテできることもしばしば。ダイジェット半減なのもすこポイント

技構成はタイプ一致の電撃嘴,氷柱とウォール用の電磁波は確定として、ラスト一枠は天候を取りに来た相手に対してアタック→サンダーorアイスといった動きを可能にするギガインパクトを採用しました。

 

4,ウーラオス@命の珠 ※通常個体

特性:不可視の拳

実数値:175-200(252)-120-x-81(4)-149(252)

技構成:水流連打/インファイト/雷パンチ/燕返し

構築の軸を担うエースです。先にダイマを切って相手を崩す動きが一番強い使い方だと思っていたので、ピクシーから展開してすぐに出すことが多かったです。

使用率が高いだけあって基本性能の高く扱いやすかったです。

 

5,ポリゴンZ@拘りスカーフ

特性:適応力

実数値:161(4)-x-90-187(252)-95-156(252)

技構成:破壊光線/騒ぐ/悪の波動/トリック

ピクシー展開が上手に決まらないパターンが下記であり

⑴上からの挑発(エアームドルガルガンなど)

⑵欠伸による起点回避(ニンフ,カビゴン)

⑶「身代わり」で逆に起点にされる(ゲンガー,ガルドなど)

これに対して初手スカーフポリゴンZが回答になると考えました。

ただ、技構成から分かる通り隙を見せやすいので選出するときは裏に切り返しのピクシーorサニーゴを一緒に選出することを意識しました。

また、トリックによる受け崩しやスイーパーにもなり得て、選出画面でのアドリブが効く面白いポケモンだと感じました

 

6,サニーゴ@進化の輝石

特性:呪われボディ

実数値:167(252)-x-167(252)-85-121(4)-50

技構成:ナイトヘッド/力を吸い取る/鬼火/黒い霧

元記事に詳しく記述がありますが、主にバトン構築のストッパーや初手ダイマに対する切り返しとして使ってました。そこまでしっくりきてない枠ですが選出画面でお仕事をしていました(多分)

 体感ポリZと合わせて悪ラオスを誘うので選出を有利に進めることができたことが多かったと思ってます。

 

【選出】

・基本選出

 ピクシー+ウラオorパッチ+ポリ乙orガモス

ピクシーで展開して裏の両エースを通す選出です

相手よりも先にエースを展開して試合を優位に進めることをとにかく意識しました

 

・ピクシー展開が難しそうなとき

ポリ乙+ピクシーorサニーゴ+@1

ポリ乙で荒らして切り返しからエースを通します

欠伸展開に対してはピクシーから出すこともありました

 

・VS受け構築

ポリ乙+ウラオ+ガモス

ポリ乙でトリックして機能停止した方から崩していきます。

 

【キツいポケモン

・身代わりこごかぜゲンガー

・ダイアタックしてくるやつ

【結果】

f:id:nanahoshipoke:20201101115154j:image

まじで悔しい

 

 

質問はTwitter(@7hoshi_poke)まで